Blog

2017.11.17

「言葉、隣、想像」

個展が始まって気づいたらあと12日
たくさんの方とお話しをする期間
多くを持ち帰り、多くを考える
各々の感想や想いを聞くと、
ひとりの人間として表現したものが
ひとりの人へと届いていることがとても不思議で
とても嬉しく思う

話すこと、その時間はとてもエネルギーがいる
考える、思う、想像する、言葉を選ぶ、言い方など
瞬時に判断する頭の回転の消費量はとてつもない
すべてにおいてそう思うのだけれど、
「想像する」という行為を怠ってはいけない
時々、悪気のない(と思うようにしている)一言に
えぐられるような痛みを受けることがある
選ぶ言葉、話し方でその人の日常が想像できるものだ
放ったら削除できない
だから何も言うな、というわけではない
想像する、を忘れずにいたいのだ

結論は各々の中にあればいい
正しい は各々違えばいい
あれこれたくさん想えれば
それは自然と隣にいる人にもそうできるのではないか、
という自分への言い聞かせでもある

散文ですが言葉は大切にしていきたい
人とは想い合いたい
そんな11月
個展はまだ続きます

 

「生活の線」

個展「生活の線」が明日11/3よりスタートします 本日はレセプションパーティーを行います どなたでもご参加いただけますので、ぜひ遊びに来てください 生活の線は、作品集のタイトルを考える際に「ライフライ…

2017.7.27

唇を口の中に丸め込むようにしまう これは「納得がいかない」という私のサインである 最近思い出した これは小さい頃からずっとそうだった 地団駄を踏んだ 物を投げた 泣き叫んだ これは末っ子に生まれたが故…

2017.7.25.tue

気付けば梅雨は明けたというのに、湿度を持ち帰り忘れている 昨年末に越してきたからこの街では初めての夏 ベランダから見える木々でセミたちが鳴いている 季節には敏感でいたい 秋に控えた展示の準備で、絵を描…

2017.07.04

台風が近づいているらしい 湿度の高い日々は生きにくい 流れる雨音とラジオから聴こえる音楽が混ざる あちらこちらに頭と体を向けていたら、まんまと風邪をひいた 夏風邪は厄介だと昔母が言っていた それでも没…

2017.6.27

梅雨。 低気圧に覆い被さられて、頭を完全に抑えられている昨今。 今までとは少し変化したリズムの生活に必死になっていたら、 夏はすぐそこだった。 新しいことが嫌いなわけではなく、毎日のリズムが狂うのが苦…

ページトップ