Blog

2017.11.17

「言葉、隣、想像」

個展が始まって気づいたらあと12日
たくさんの方とお話しをする期間
多くを持ち帰り、多くを考える
各々の感想や想いを聞くと、
ひとりの人間として表現したものが
ひとりの人へと届いていることがとても不思議で
とても嬉しく思う

話すこと、その時間はとてもエネルギーがいる
考える、思う、想像する、言葉を選ぶ、言い方など
瞬時に判断する頭の回転の消費量はとてつもない
すべてにおいてそう思うのだけれど、
「想像する」という行為を怠ってはいけない
時々、悪気のない(と思うようにしている)一言に
えぐられるような痛みを受けることがある
選ぶ言葉、話し方でその人の日常が想像できるものだ
放ったら削除できない
だから何も言うな、というわけではない
想像する、を忘れずにいたいのだ

結論は各々の中にあればいい
正しい は各々違えばいい
あれこれたくさん想えれば
それは自然と隣にいる人にもそうできるのではないか、
という自分への言い聞かせでもある

散文ですが言葉は大切にしていきたい
人とは想い合いたい
そんな11月
個展はまだ続きます

 

2018.12.26

私から見えるあなたと あなたが思う自分は違うだろう あの子から見えるあなたと 私から見えるあなたも違う 自分のたった一歩にただ大きく振り回される その程度なんだろうと 身の丈を知る それを超えるには次…

2018.12.25

クリスマスは12月24日が本番のようだ クリスマス当日の街は年を締めくくる準備にかかっていた 子供の頃、わりと早い段階からサンタクロースの正体を知らされ、 枕元のプレゼントは小学1年生で終わった ひね…

2018.11.30

言葉について考えている 初めて会う人と話す言葉 昔からの友達と話す言葉 家族と話す言葉 コンビニやスーパーなどで話すひとことくらいの会話 毎日何気なく(メールでのやりとりなども含めて)話しているけれど…

はやくも10月。 どうやら朝晩冷え込むわけだと頷ける。 季節で月日を確かめるあたり、大人になったな〜と変に誇らしげになる。 そしてまたひとつ年齢を重ねた。 今が一番楽しい。そう言っていられる人間になり…

2018.03.21

春分の日 は雪 まさかこの時期にこんな景色が見られるとは ON READINGさんでの展示も無事に終わり、 多くの方々に見に来ていただき感謝でいっぱいです 初めて見に来てくださる方が多く 何かを感じて…

ページトップ