Blog

CとE、それとF

晴れの日には晴れの日のにしか見えないものがあり、

曇りの日、雨の日もまた同様で

「美味しそう」や「なんとなく」はその日の起伏と思う

寒い日には暖かさを、暑い日には涼しさを求める健全さを失うと

いつまでたってもそれはぬるま湯

ぬくぬくと続く布団から出られないあの感じにどこかぬるま湯は似ている

誰かといる事で時間を満たせても、空腹の心は満たされない

抜け出る事を忘れたが最後、底なし沼の如くずぶずぶ沈むだけ

ただそれだけ

だいぶ足踏みしていたようだ 進まなきゃ

2018.11.30

言葉について考えている 初めて会う人と話す言葉 昔からの友達と話す言葉 家族と話す言葉 コンビニやスーパーなどで話すひとことくらいの会話 毎日何気なく(メールでのやりとりなども含めて)話しているけれど…

はやくも10月。 どうやら朝晩冷え込むわけだと頷ける。 季節で月日を確かめるあたり、大人になったな〜と変に誇らしげになる。 そしてまたひとつ年齢を重ねた。 今が一番楽しい。そう言っていられる人間になり…

2018.03.21

春分の日 は雪 まさかこの時期にこんな景色が見られるとは ON READINGさんでの展示も無事に終わり、 多くの方々に見に来ていただき感謝でいっぱいです 初めて見に来てくださる方が多く 何かを感じて…

「生活の線-かさなり-」

名古屋にあるbookshop and gallery ON READINGさんで3/3〜3/18 個展をしています あれこれとバタバタしているうちにHPでの告知があと約1週間というタイミング 毎年直そ…

2018.1.26

新年を迎えたら、文章を書こうと決めていた 久しぶりに手帳を買ってそこに短く書き留める日々を始めた 個展が終わってマラソンを完走したような 燃え尽き症候群と言われるけれど、そういうものではない気持ちでい…

ページトップ