Information

『世田谷クロニクル』のビジュアルイラスト

84巻の8ミリフィルム、12人のオーラル・ヒストリー
記録と記憶を手掛かりに、昭和の世田谷を描き直す展覧会
『世田谷クロニクル』のビジュアルイラストを描かせていただきました。
ここにある景色は姿形を変え、
そこに必ず誰かの思い出があると想像しながら描きました。
以下、文章を拝借しております。
—————————
展覧会は、昭和の世田谷を映した84巻の8ミリフィルム(記録)と
12人のフィルム提供者の語り(記憶)を手がかりに、
令和という時代を歩みはじめた私たちの“現在地”を照らし出す試みです。
8ミリフィルムには貴重な生活記録である一方、
その多くが劣化・散逸の危機にあります。
アーカイブプロジェクト「穴アーカイブ」は、
こうしたフィルムの収集・公開・保存・活用を進めてきました。
現在から過去を経由して、ふたたび現在に還ってくる。
すると、見慣れたいつもの場所がどこか違って見えてくる。
そんな“もうひとつの現在”を、世田谷の8ミリフィルムに探してみませんか。

会期:
2020年03月14日(土)~2020年04月05日(日)
時間:
10:00~18:00(金曜のみ20:00まで)
会場:
生活工房 / ワークショップA(4F) / ワークショップB(4F) /
生活工房ギャラリー(3F)

『五木寛之セレクション I <国際ミステリー集>/東京書籍』(石岡瑛子 撮影/1973年)装画

    9月20日に発売となった『五木寛之セレクション I <国際ミステリー集>/東京書籍』(石岡瑛子 撮影/1973年)にて装画を担当させていただきました。 =以下、東京書籍さん…

「金魚」深山れいこ・著 (幻冬舎) / 装画制作

幻冬舎より発売中の「金魚」深山れいこ・著 の装画を描かせていただきました。 著書の日々の生活を切り取り、表現豊かに綴られたエッセイ集です。 時間の揺らぎを感じるような、ふわりと動く金魚をイメージしまし…

    『tattva vol.6』(発行:株式会社ブートレグ)<特集:生まれるうちあわせ。いい会議。>内で、哲学者である西研さんの<それぞれ違った世界を伝え合うために…

世田谷ライフmagazine創刊20周年「世田谷をめぐる10のはなし」挿絵

世田谷ライフmagazineさんの創刊20周年号内でイラストを描かせていただきました。 「世田谷をめぐる10のはなし」というページで、 作家やミュージシャン個店店主など、世田谷にゆかりのある方々のお話…

SFマガジン6月号/扉絵イラスト

早川書房から発売のSFマガジン6月号の中で、 短編小説「0と1のあいだ」(キム・ボヨン著/斎藤真理子 訳)の扉絵を描かせていただきました。 「時間旅行」というテーマをもとになっており、韓国のSFという…

ページトップ