Information

『世田谷クロニクル』のビジュアルイラスト

84巻の8ミリフィルム、12人のオーラル・ヒストリー
記録と記憶を手掛かりに、昭和の世田谷を描き直す展覧会
『世田谷クロニクル』のビジュアルイラストを描かせていただきました。
ここにある景色は姿形を変え、
そこに必ず誰かの思い出があると想像しながら描きました。
以下、文章を拝借しております。
—————————
展覧会は、昭和の世田谷を映した84巻の8ミリフィルム(記録)と
12人のフィルム提供者の語り(記憶)を手がかりに、
令和という時代を歩みはじめた私たちの“現在地”を照らし出す試みです。
8ミリフィルムには貴重な生活記録である一方、
その多くが劣化・散逸の危機にあります。
アーカイブプロジェクト「穴アーカイブ」は、
こうしたフィルムの収集・公開・保存・活用を進めてきました。
現在から過去を経由して、ふたたび現在に還ってくる。
すると、見慣れたいつもの場所がどこか違って見えてくる。
そんな“もうひとつの現在”を、世田谷の8ミリフィルムに探してみませんか。

会期:
2020年03月14日(土)~2020年04月05日(日)
時間:
10:00~18:00(金曜のみ20:00まで)
会場:
生活工房 / ワークショップA(4F) / ワークショップB(4F) /
生活工房ギャラリー(3F)

「SFマガジン」/早川書房 

  10月25日発売の「SFマガジン/早川書房」内で短編小説の中扉絵を描かせていただきました。 「薬」(メグ・エリスン/原島文世 訳)というお話のページです。 「美しさとは?」というひとつの…

NHKテキスト「こころをよむ」10〜12月号

NHKテキスト「こころをよむ」(NHK出版)の10〜12月号の表紙を描かせていただきました。 今号は、ドイツ文学に登場する女性がテーマとなっています。様々な運命を辿る女性たちを文学・文化的な話題で解説…

個展「再生」10.24 – 11.14

10月24日(日)より東京のSPBSウインドウスペースにて個展「再生」を開催します。 東京でやるのは約2年ぶりです。 2年前とは状況が一変、一人ひとり心の変化も大きくあったと思います。私もそのひとりで…

SWITCH Vol.39 /イラストレーション

5月20日にSWITCH Vol.39 No.6 特集 佐野元春 40th ANNIVERSARY[その歌は時代を照らす]が発売されました。 その中で、佐野元春さんとも親交のある室矢憲治さんが綴られた…

街のなかに、手紙を書く場をつくりたい。】 想いを綴るための喫茶店「喫茶 手紙寺分室」開業までのお話や、手紙にまつわることが記録されていくnoteで絵を書かせていただきました。 「言葉にしてこなかった想…

ページトップ