Information

個展「再生」10.24 – 11.14

10月24日(日)より東京のSPBSウインドウスペースにて個展「再生」を開催します。

東京でやるのは約2年ぶりです。

2年前とは状況が一変、一人ひとり心の変化も大きくあったと思います。私もそのひとりです。

いろいろな葛藤や感情、何を描いていきたいのか…たくさんの気持ちが押し寄せる日々に制作をしていました。

まだ安心とは言えませんが、感染対策をしてぜひお越しください

 

—————————————

 

再生

 

迷うことなく塗りつぶしてきた日々に

山積した違和感が「退屈だ」とつぶやいた

 

刻々と変化する季節を小さな窓から眺めている

いつも通りの生活がこころを塞いでいく

となりの席はまだ空いたままでいる

 

それでも、この静寂に包まれた時間は

いつしか今のわたしを支えている

この身体が経験したことは

失うことも、忘れることもなく

未来を創る糧になるだろう

 

どこへでも行ける

何度でも、生まれ変わる

どうせならこのこころ躍る方へ

再び歩き出す

 

—————————————

 

ナガノチサト「再生」@SPBS本店ウィンドウ

日程:2021年10月24日(日)~ 11月14日(日)

時間:11:00-21:00の短縮営業中

※最終日は18時までの展示となります

場所:SPBS本店ウィンドウ

東京都渋谷区神山町17-3 テラス神山1F

https://www.shibuyabooks.co.jp/spbs/

 

『五木寛之セレクション I <国際ミステリー集>/東京書籍』(石岡瑛子 撮影/1973年)装画

    9月20日に発売となった『五木寛之セレクション I <国際ミステリー集>/東京書籍』(石岡瑛子 撮影/1973年)にて装画を担当させていただきました。 =以下、東京書籍さん…

「金魚」深山れいこ・著 (幻冬舎) / 装画制作

幻冬舎より発売中の「金魚」深山れいこ・著 の装画を描かせていただきました。 著書の日々の生活を切り取り、表現豊かに綴られたエッセイ集です。 時間の揺らぎを感じるような、ふわりと動く金魚をイメージしまし…

    『tattva vol.6』(発行:株式会社ブートレグ)<特集:生まれるうちあわせ。いい会議。>内で、哲学者である西研さんの<それぞれ違った世界を伝え合うために…

世田谷ライフmagazine創刊20周年「世田谷をめぐる10のはなし」挿絵

世田谷ライフmagazineさんの創刊20周年号内でイラストを描かせていただきました。 「世田谷をめぐる10のはなし」というページで、 作家やミュージシャン個店店主など、世田谷にゆかりのある方々のお話…

SFマガジン6月号/扉絵イラスト

早川書房から発売のSFマガジン6月号の中で、 短編小説「0と1のあいだ」(キム・ボヨン著/斎藤真理子 訳)の扉絵を描かせていただきました。 「時間旅行」というテーマをもとになっており、韓国のSFという…

ページトップ