Information

「親愛なるレニー レナード・バーンスタインと戦後日本の物語」(吉原 真里:著/アルテスパブリッシング:出版)の装画

本日発売となった「親愛なるレニー レナード・バーンスタインと戦後日本の物語」(吉原 真里:著/アルテスパブリッシング:出版)の装画を描かせていただきました。

 

※以下、アルテスパブリッシングHPより一部引用せていただきます。

=================

レナード・バーンスタイン(1918-1990)は、ニューヨーク・フィルやウィーン・フィルなどのタクトをとった指揮者として、《ウェスト・サイド・ストーリー》《キャンディード》など不滅の名作の数々を生みだした作曲家として、米ソ冷戦期に反核や平和運動に精力的にとりくんだ行動する音楽家として、20世紀を代表する芸術家の筆頭にあげられる巨匠。

ワシントンの図書館で著書である吉原真里さんが出会ったの数百通の手紙。

それはバーンスタインと知られざるふたりの日本人との心の交歓の記録だった。

=================

 

 

その当時の時代背景と「手紙」を通して見えてくる関係や感情。
手紙のやりとりを重ねる度に、呼び方が変わったり溢れる感情が真っ直ぐに文章で伝えられるようになっていたり。あらためて愛というのは様々な形があり、また伝え方があることを知りました。
バーンスタインは音楽を、人を深く愛し、またそれ以上にたくさんの愛を受けていたように思います。
とても素敵な装丁のデザインは木下悠さんです。
ぜひご覧ください。

 

 

 

『HOLON(ホロン)』のシーズナルライン 2022/23 パッケージイラスト

  前回に続き、クラフトジンブランド『HOLON(ホロン)』のシーズナルライン、2022/23 冬限定フレーバー「HOLON SEASONAL 冬<蜜柑>」の予約販売が開始されました。これに…

小説新潮12月号「バカンガ/高丘哲次:著」 扉絵

発売中の小説新潮12月号で【ファンタジー特集 ようこそ幻想世界へ】の中に掲載されている「バカンガ/高丘哲次:著」の扉絵を担当させていただきました。 タイトルだけでは計り知れない、物語の深さ。 それぞれ…

『五木寛之セレクション I <国際ミステリー集>/東京書籍』(石岡瑛子 撮影/1973年)装画

    9月20日に発売となった『五木寛之セレクション I <国際ミステリー集>/東京書籍』(石岡瑛子 撮影/1973年)にて装画を担当させていただきました。 =以下、東京書籍さん…

「金魚」深山れいこ・著 (幻冬舎) / 装画制作

幻冬舎より発売中の「金魚」深山れいこ・著 の装画を描かせていただきました。 著書の日々の生活を切り取り、表現豊かに綴られたエッセイ集です。 時間の揺らぎを感じるような、ふわりと動く金魚をイメージしまし…

    『tattva vol.6』(発行:株式会社ブートレグ)<特集:生まれるうちあわせ。いい会議。>内で、哲学者である西研さんの<それぞれ違った世界を伝え合うために…

ページトップ