Blog

2016.9.3.sat

嬉しい時も 悲しい時も自然と涙が出るようになった

歳をとったなと思う
けれどそれは寂しいものではなく、
自分という「畑」が豊かになってきたしるしなのではないかと思う

何もなかったまっさらな土地を
日々年月をかけて耕し
雨が降り、カンカンに晴れ渡るは太陽
感情の起伏は天気のように
栄養を与え、与え過ぎて時に腐らし
何度も育ててようやく芽が出始めたのかもしれない
収穫はいつになるだろうか
とても楽しみだ

いつだって未来は楽しみでなくちゃいけない
そうしなくちゃいけない

2019.4.18

3日後には岩手に向かう。 たくさんのことが同時にできない私は、TO DOリストなるものを書き出し それを無くしたりどこに書いたかを忘れては慌てていた。 ふと耳に流れてきたニュースで「ゴールデンウィーク…

2019.02.06

暖かくなったり、寒くなったり 気温に振り回されて一喜一憂も激しい季節 春はあんまり好きじゃない 少し人との関わり合う時間が減って 自分がどうなることやらと思っていたけれど心は安定している だらしない日…

2018.12.26

私から見えるあなたと あなたが思う自分は違うだろう あの子から見えるあなたと 私から見えるあなたも違う 自分のたった一歩にただ大きく振り回される その程度なんだろうと 身の丈を知る それを超えるには次…

2018.12.25

クリスマスは12月24日が本番のようだ クリスマス当日の街は年を締めくくる準備にかかっていた 子供の頃、わりと早い段階からサンタクロースの正体を知らされ、 枕元のプレゼントは小学1年生で終わった ひね…

2018.11.30

言葉について考えている 初めて会う人と話す言葉 昔からの友達と話す言葉 家族と話す言葉 コンビニやスーパーなどで話すひとことくらいの会話 毎日何気なく(メールでのやりとりなども含めて)話しているけれど…

ページトップ