Blog

2018.03.21

春分の日 は雪
まさかこの時期にこんな景色が見られるとは

ON READINGさんでの展示も無事に終わり、
多くの方々に見に来ていただき感謝でいっぱいです
初めて見に来てくださる方が多く
何かを感じていただけたこと、また嬉しく思います
ぼんやりしている間もなく、次々と仕事へ向かっています

新しい展示や仕事は、自分の細胞が増えるような
豊かさを感じられてひたむきに走れる
どんな時も「ここにいる」自分の生活をこなしていくこと
ON READINGさんの展示の際に
同じタイミングでホモサピエンスの道具研究会の方々が展示をしており
お話しさせていただいたら とても共感することが多くありました
毎日変わらない、と思っているけれど
無意識の中で変わっていくものを変わらないようにしている
ハッとした瞬間でした
掃除も洗濯も料理も 爪を切ることも髪を切ることも 日常のほとんどは
自分の「変わらない」のためにしていること

予期せぬ驚きがあったり、喜びがあったりを幸せとしてきたけれど
一枚一枚重なっていく毎日の方が幸せだと思いました
生活の線を約1年半 想いづつけてきたら
そんな答えが出てきました

久しぶりに朝方タクシーで帰るくらい笑いあった日
今日みたいな日は二度とないかもしれないな、と思った
だから全力で楽しまなくてはもったいなくて
ためらうくらいなら飛び込んだ方がいいと思う
2018年はそんな収穫から始まりました

展示を見に来てくださった皆様
そしてあたたかく迎えて、いろんな話をしてくださったON READINGさん
ありがとうございました

 

「生活の線-かさなり-」

名古屋にあるbookshop and gallery ON READINGさんで3/3〜3/18 個展をしています あれこれとバタバタしているうちにHPでの告知があと約1週間というタイミング 毎年直そ…

2018.1.26

新年を迎えたら、文章を書こうと決めていた 久しぶりに手帳を買ってそこに短く書き留める日々を始めた 個展が終わってマラソンを完走したような 燃え尽き症候群と言われるけれど、そういうものではない気持ちでい…

2017.11.17

「言葉、隣、想像」 個展が始まって気づいたらあと12日 たくさんの方とお話しをする期間 多くを持ち帰り、多くを考える 各々の感想や想いを聞くと、 ひとりの人間として表現したものが ひとりの人へと届いて…

「生活の線」

個展「生活の線」が明日11/3よりスタートします 本日はレセプションパーティーを行います どなたでもご参加いただけますので、ぜひ遊びに来てください 生活の線は、作品集のタイトルを考える際に「ライフライ…

2017.7.27

唇を口の中に丸め込むようにしまう これは「納得がいかない」という私のサインである 最近思い出した これは小さい頃からずっとそうだった 地団駄を踏んだ 物を投げた 泣き叫んだ これは末っ子に生まれたが故…

ページトップ